パイロットウォッチとして名高い「ブライトリング(BREITLING)」。航空機器のコックピットを思わせるデザインに加え、優れた品質や性能を兼ね備えており、創業以来、世界中の腕時計ファンを魅了し続けています。

ブライトリングとは

ブライトリングとは 画像 ブライトリング(BREITLING)は、スイスで誕生した高級腕時計ブランドです。ブライトリングは航空イベントや航空関係者らを支援しているほか、自社でも複数の飛行チームを編成するほど航空業界とのつながりは深く、「時計ではなく(航空用)計器である」という理念を掲げています。ブライトニングが手掛ける製品はすべてクロノメーターに検定に合格したものを採用し、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチに力を入れています。そして、飛行機のコックピットの航空機器をそのまま再現したデザインは愛好家ならずとも、その美しさに心を奪われてしまいます。

ブライトリングの歴史

ブライトリングの歴史 画像 1884年:創業者レオン・ブライトニングが時計工房「G. レオン・ブライトリング」を開業。 1892年:ラ・ショード・フォンに移転し「レオン G.ブライトリング」に改名。 1915年:腕時計型「クロノグラフ」を発表。 1924年:レオン・ブライトリング死去。息子のガストン・ブライトリングが跡を継ぐ。 1927年:ガストン・ブライトリング死去。 1932年:ガストンの息子・ウィリー・ブライトリングが跡を継ぐ。 1942年:「クロノマット」を発表。 1952年:「ナビタイマー」を発表。ラ・ショード・フォンの工場はそのままに本部をジュネーブに移転。 1957年:本格的なダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」登場。 1969年:ホイヤー・レオニダス(現タグ・ホイヤー)、ハミルトン・ビューレン(現ハミルトン)、デュボア・デプラとの4社共同で開発した腕時計用自動巻クロノグラフキャリバー「キャリバー11」を発表。 1975年:クロノマットにクォーツモデル登場。 1976年:ナビタイマーにクォーツモデル登場。 1978年」経営をアーネスト・シュナイダー(Ernest Schneider )に引き継ぐ。ナビタイマーに発光ダイオードモデル登場。 1979年:会社を閉鎖。ウィリー・ブライトリング死去。 1982年:アーネスト・シュナイダーがブライトリング・ジュネーブを設立。 1984年:「クロノマット」を発表。 1985年:「エアロ・スペース」、「オールド・ナビタイマー(手巻)」を発表。 1996年:「モンブリラン」を発表。 2009年:ブライトリング初の自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表。

ブライトリングの代表モデル腕時計

航空業界と深い関係を築いてきたブライトリングは数々の傑作モデルを輩出してきました。

ナビタイマー

ブライトニングを象徴するモデル「ナビタイマー」は、世界で初めて航空用計算尺付きクロノグラフとして1952年に発表され、世界パイロット協会AOPAの公式時計に認定されました。 初代 ナビタイマー 画像 1952年に発売された初代 ナビタイマー。 回転計算尺とは、パイロットが飛行速度や燃費,上昇・下降距離などの計算を行うための器具のことで、これを腕時計の文字盤のインナー回転ベゼルに採用し、大ヒットを記録。世界中で「パイロトウィッチ」として親しまれています。 ヘリテージ、オールドナビタイマー、ナビタイマー01などバリエーションも豊富。いずれも最高品質と洗練されたデザインで、絶大な人気を誇るシリーズとなっています。

クロノマット

ナビタイマーと共にブライトニングのフラッグシップモデルとして君臨する「クロノマット」が初めて登場したのは1942年。世界初の回転計算尺を搭載したパイロット用クロノグラフとして話題になりました。初代クロノマットの生産終了後もパイトロット・ウィッチの名に相応しいモノづくり精神は引き継がれていきます。そして1984年、イタリア空軍のパイロットの協力を得て復活した「クロノマット」を発表。精度・耐久性・視認性・500m防水など高いパフォーマンスを実現し、逆回転防止ベゼルなど重厚で独自の存在感を放つデザインは現在のクロノマットの原型と言えます。 初代クロノマット画像 1942年に発売された初代クロノマット。 1997年に「クロノマットGT」、2000年に「クロノマット2000」、2004年には20周年を記念した「クロノマットエボリューション01」をそれぞれ発表しました。そして2009年には傑作モデルと呼ばれる「クロノマット01」を発表。5年保証や完全自社開発のクロノグラフムーブメント「キャリ―01」を搭載したほか、縦目のクロノグラフを横目に、ベゼルに新たにアラビア表記のバーを刻印し、よりスタイリッシュなデザインに仕上げました。 クロノマット01 画像 自社製ムーブメント「キャリバー01」を搭載したクロノマット01。

スーパーオーシャン

空のイメージが強かったブライトニングから待望のダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」が1957年に発売されました。プロ向けに開発されたスーパーオーシャンは当時、200メートル防水や強靭なステンレススティールをはじめ、内外の気圧差をなくすためのエスケープブルブを搭載するなど驚異的な性能を誇りました。現在は500m~2000m防水と往年のデザインを併せ持つダイバーウォッチとして世界中のダイビング愛好家たちに支持されています。 スーパーオーシャンヘリテージ 画像 伝説的なデザインに進化したスーパーオーシャンヘリテージ。

ベントレー

ベントレー・モーターズとブライトリングは2002年に提携以来、精巧な時計と特別仕立ての自動車を生み出すために協力を続け、ベントレーとのコラボレーションウォッチを続々発表。ベントレーの優雅さとブライトニングの機能性が融合されたモデルは、新たなコレクションとして瞬く間に人気モデルとなりました。 ベントレー創業100周年を記念し共同開発したモデル 画像 ベントレー創業100周年を記念し共同開発したモデル。

アベンジャー

ブライトニングの中でも「精度」「強度」「機能性」「デザイン」のすべてを兼ね備えたハイスペックモデルとして知られるのが「アベンジャー」です。高い衝撃耐性や防水性はもちろん、大きい針は暗闇でも光るため視認性は抜群です。さらに人間工学に基づいた設計で快適な装着感を実現。優れた機能性とデザイン性は使用する場所を選ばない腕時計として世界中の男性を魅了しています。 アベンジャーⅡ 画像 アベンチャーシリーズの代表モデル「アベンジャーⅡ」で、「ブルーインパルス」をイメージした特別モデル。

ブランドバイヤーのブライトリング買取について

ブランドバイヤーでは、「ナビタイマー」「クロノマット」「スーパーオーシャン」「ベントレー」などの人気モデルを高額買取中です。新品・中古品問いません!ぜひ当店におまかせください! ブランド宅配買取査定電話依頼画像 ブランド宅配買取メール査定依頼画像ブランド買取ライン査定依頼画像 出典:breitling、zenmai-tokyo、threec、Instagram